口臭の原因と対策記事一覧

口臭には大きくわけると生理的口臭、病的口臭、飲食物や嗜好品が原因の口臭があります。個々にどういったものが原因で不快臭を放つのか解説しますので、口臭の知識を深めるための一助となれば幸いです。

原因によって不快な口臭が出るメカニズムは異なりますが、ほとんどの場合は細菌が製造するガスが嫌なニオイを出しています。口腔内に生息している細菌は口臭の原因物質なのですが、これは食べカス、口の中にある細胞の死骸、血液などをエサにして増殖します。

口臭は、色々な原因で起こりますが、口の中の病気とは別に、胃の不調によって発生するケースがあります。胃の病気と口臭は、密接につながっていて、臭いが発生する胃の病気には、胃炎、胃潰瘍、消化不良などがあります。胃の中に溜まった食べ物が発酵すると、臭いの物質が発生することになり、それが口臭へとつながります。

さまざまなことが原因となって不快な口臭は起こりますが、虫歯によっても嫌な口のニオイは放出されます。まず、虫歯は食べカスが溜まりやすい場所に起こることが多いのですが、これは虫歯の原因菌が食べカスをエサにするためです。虫歯になると穴ができ、深さや範囲が広くなっていくのですが、その過程で不快なニオイが生み出されてしまいます。

口臭のほとんどは口内の雑菌の繁殖によって生じると言われています。それだけに歯磨きが重要なのですが、そのほかにも病気が原因となっているケースも見られます。その場合には原因となる病気の治療が口臭予防の大前提となります。

口臭が比較的きつい人に多いのは、口呼吸をしているということです。鼻ではなく口で呼吸をしていると、空気を吸ったり吐いたりすることで、口の中が乾燥しやすくなります。口腔内が渇くと口臭の原因菌が増殖するのに適した条件になるため、鼻呼吸をしている人より口呼吸をしている人のほうが口臭が強く出やすいのです。

現代人の間で口臭の悩みが増えている背景には唾液の分泌量の低下が挙げられます。唾液が不足することで口内が乾燥するドライマウスの状況に陥ってしまっている人が非常に多いのです。唾液は口内の衛生環境を維持する重要な役割を担っています。

胃が不調の場合に、内容物の臭気が直接口へと逆流して不快なニオイとして出ることは基本的にありません。ただ、胃と口臭が全く無関係かというと、そうではないのです。まず、胃の消化機能が悪くなっていると、胃内容物が異常発酵し、不快臭を出すガスが生み出されます。

歯石が付いてくると、口臭の原因になるので、定期的に歯医者さんに行って取ってもらう必要があります。歯垢が固まってできた石のようなものが歯石ですが、汚れが付きやすく、歯垢や歯茎から口臭の原因になるものが出てきます。口臭が気になるなら、歯石を定期的に取る必要がありますので、歯医者に行くのに抵抗があっても、やはり、定期的に通うべきです。

口臭がある人の場合、人と話をしているとき、相手に手で口をおおわれたり、顔をしかめられたりすることがあります。そこまでいくと、かなり口臭がきついことを示しているので、自分できちんとチェックする必要があるでしょう。人から口臭を指摘される前に、自分でチェックし、その原因を突き止めることが大事です。

原因別の口臭対策法ですが、まず生理的口臭は唾液の分泌量が減少し、口の中が渇くことでニオイの原因物質が繁殖すると起こります。そのため、口の中を潤わしたり、唾液の分泌を促進したりすることで、ニオイを抑えることが可能です。方法としては水分補給をする、うがいをする、食事中は咀嚼回数を多くする、ガムを噛むといったものが挙げられます。

私にとって口臭は本当に深刻な悩みでした。喋っている相手が何気なく鼻を手で覆う動作は本当につらく、マウスウオッシュや薬用歯磨き粉、口臭予防に効果があるというサプリなどいろいろ試してみましたが、どれも満足のいく結果は得られませんでした。

起床後すぐの口臭がきついと感じる原因は、口腔内の乾燥です。口の中が渇くと唾液の分泌量が減少し、口臭の原因となる細菌が増殖します。寝起きの口臭を防止するには、渇きをいかにして抑えるか、細菌の繁殖を抑えるかが重要です。

口臭のことで悩み、無臭にしたいと思っている人は多いと思いすが、完全に口臭を無くすことはできません。というのも、人間には生理的口臭があって、誰でも多かれ少なかれ口のニオイはするものなのです。口臭があったとしても、他人や自分が不快に感じなければ、悩みに感じることもなくなるでしょう。人によっては自分が過剰に気にしているだけで、実際には全く不快臭を放っていないということもあります。口腔ケアは口臭予防のため...