生活習慣

入浴法ダイエット

入浴法ダイエット

気軽なダイエットとして、入浴方法を変更すると有効です。

 

なぜなら、入浴は血行が促進されて基礎代謝も上がるのでダイエットに効果的だからです。

 

入浴で汗をかき代謝が良くなると、毒素をうまく排出できる身体へと変化していきます。

 

このような身体に変化すると、身体全体の代謝がよくなり脂肪燃焼がよりスムーズになって太りにくくなります。


自分に合った入浴方法を見つけよう

入浴方法にはさまざま種類がありますが、自分に合った入浴方法を探しましょう。

 

高温反復浴法は、短い入浴と休憩を繰り返しおこないます。

 

湯の温度は42度から43度に設定しましょう。

 

肩までしっかりとお湯につかります。

 

2分から3分程度湯船につかった後、5分間湯船の外で休憩をとります。

 

これを3回くり返しおこない、全部で16分から20分間かけておこなう入浴方法です。

 

入浴を繰り返す事で、血行やリンパの流れがよくなり、内臓の働きが活性化されることで脂肪燃焼効果もアップします。

 

中温反復浴は、39度のぬるめのお湯で短めの入浴と休憩を繰り返しおこないます。

 

入浴する際は全身がお湯につかるようにして、休憩の時間は髪や身体を洗いましょう。

 

まずは入浴前に水分補給をしっかりとおこない、かかり湯をした後5分間入浴します。

 

その後、湯船から出て5分間休憩します。

 

続いて8分間入浴します。

 

その後再度休憩を5分はさみます。

 

次に5分から8分の入浴をおこなって上がります。

 

お風呂から上がった後は、水分補給と休憩をしっかりとりましょう。

 

この入浴方法は、温熱効果が持続して血流改善や新陳代謝の活性が期待できます。

 

その為、冷えやダイエットに良いとされています。