二の腕を引き締める簡単な運動

2017年5月5日

二の腕を引き締める簡単な運動

二の腕やせを実現したい方が集中的に二の腕だけを鍛えても、効果は半減します。

部分やせは、無酸素運動と有酸素運動を一緒におこなうとより効果的です。

無酸素運動は、筋肉トレーニングのようなエクササイズをさします。

有酸素運動は、ウォーキングやサイクリングなどの運動です。

有酸素運動で、脂肪が燃焼し始めるまで20分程度必要です。

しかし、無酸素運動後に有酸素運動をおこなうと早く脂肪が燃焼しだすと言われています。

部分やせを1日も早く実現したい方は、ストレッチや筋肉トレーニングのメニューを10分から20分程度おこなった後で、20分から30分程度の有酸素運動をおこないましょう。

そうすると、気になる部分の脂肪が燃焼しやすくなります。

有酸素運動をおこなう事で、全身の脂肪が落ちて太りにくくやせやすい身体作りに役立ちます。

二の腕エクササイズは、背もたれつきの椅子の背に手をかけてたちます。

ひじは軽く曲げ、二の腕の後ろ側の筋肉を意識しながら全体重を二の腕にかけていきます。

その状態で20秒キープします。

続いては、きれいな二の腕をつくるエクササイズです。

両方のひじを合わせ、肩の高さまで上げていきます。

この時、肩が上がってしまわないように注意しましょう。

二の腕の力をしっかりと使用して上げていきます。

10秒間キープします。

椅子にすわり、手を椅子の背後に回して両手の平で本や雑誌をはさみます。

これを10秒間キープします。

1日6回おこないましょう。

できる事ならこれらのエクササイズの後で有酸素運動をおこない、ダイエット効果をさらに高めていきましょう。