下半身ダイエット

下半身ダイエット

運動が嫌いで食べる事が好きな方でも、簡単に効果がでる下半身ダイエットが注目されています。

1年間で20キロの減量に成功された方もおられます。

ウエストやヒップ、太ももの大幅なサイズダウン効果も期待できます。

下半身ダイエットの方法

まずは食卓に鏡をおきましょう。

食卓に前身の見える鏡をおくと、食べている自分の姿が映り、それを見て感じる罪悪感により食欲が自然と落ちていきます。

夜食は、スナックなどの代わりに野菜を食べると効果的です。

長続きさせるためのポイントは、飽きないように塩コショウなどで味を変えることです。

野菜は冷凍で保存しておくと、手間がかからずおなかがへった際にすぐに食べる事ができます。

また家の中で生活する際に、タオルを丸めてももの間に挟み筋肉トレーニングをおこないます。

これは両脚を閉じた状態をキープする事になりますので、お尻を閉じる事になり前傾姿勢や猫背の改善にもつながります。

体重を減らすための食事制限ダイエットだけでなく、姿勢が良くなるトレーニングを合わせておこなうと理想的なスタイルになれます。

この脚にタオルを挟む筋肉トレーニングは、お尻を閉じる筋肉と腹筋が連動している事や、肩甲骨を中央に寄せると腹筋に力が入る仕組みを利用しています。

脚を閉じて、お尻を閉じることで、腹筋が自然に使われるようになります。

つまり、お尻や背中がゆるんでいたら、どんな腹筋運動をおこなっていたとしてもおなかの筋肉も弱くなっていきます。

つまり、全身の筋肉が連動していることを意識しながら運動をおこなう事が大事なポイントです。

座っている時は、5センチくらいの厚さの電話帳をひざの間に挟みましょう。