ゾーンセラピーダイエットの実践方法

2017年5月5日

ゾーンセラピーダイエットの実践方法

ゾーンセラピーダイエットは、めん棒を使用したマッサージをおこなうダイエットです。

このマッサージは、セルライトや脂肪をやわらかくして血液に戻りやすいようにする効果があります。

さらに、脚を細くして冷え性や内臓機能を整えます。

ゾーンセラピーダイエットのおこない方

まず最初は、床においためん棒の上に脚をのせます。

そして、体重をかけながらめん棒を床の上で転がします。

痛い部分を中心に刺激しましょう。

続いてめん棒を順手に持ち、足の甲や足首をマッサージしていきます。

めん棒をゆっくり動かして、上に向かってさすり上げていきます。

そして、めん棒を逆手に持ち、足首からひざ裏にかけて強めに力を入れてさすり上げます。

さらに、ふくらはぎの内側や外側も同じ要領でまんべんなく上にむかってめん棒を転がします。

脚首やふくらはぎのマッサージをおこなう時は、ひざ裏にあるリンパ節に水分を流し込むイメージでおこないましょう。

脚首が冷たい方は、温かくなるまでマッサージをおこなうと効果的です。

続いてひざ裏からヒップまでをマッサージします。

まず、床に脚を伸ばして座ります。

続いて、片側のひざを軽く曲げて、曲げた脚側のお尻を軽く浮かせましょう。

めん棒は順手で持ち、曲げている脚のひざ裏からお尻の上までを強めにさすり上げていきます。

さらに同様の体勢で、太ももの前側をひざ上から脚のつけ根に向かって強めにさすり上げましょう。

次は、太ももの外側、内側も同じく脚のつけ根に向かってさすり上げます。

反対側の脚も同様におこないます。

各部分1回3セットおこないましょう。

太ももをマッサージする時は、脚のつけ根のリンパ節に水分を流し込むように強めにおこないましょう。