基礎代謝を向上させるとリバウンドしない身体へと変化する

基礎代謝を向上させるとリバウンドしない身体へと変化する

基礎代謝とは、人が動かなくても消費されるカロリーの事です。

基礎代謝が高いという事は、消費エネルギーが大きいという事です。

つまり、基礎代謝を向上させていけばやせやすくリバウンドしにくい身体になります。

基礎代謝を向上する為には、噛みごたえのある食べ物を積極的に摂取します。

なぜなら、食後のエネルギー消費量は噛んだ分だけ高くなるからです。

よく噛むことで、食べた物を消化させ体内に吸収させる為に使用される基礎代謝が大きくなります。

消化の為のエネルギー消費は、体熱を発するので体温が少し上昇します。

この反応を食事誘発性体熱産生と言います。

また、よく噛む事で満腹感を感じやすくなり、太りにくい体質にもなります。

全粒粉パンや硬めの野菜、果物などは、口の中に入れて噛んでから体内で消化するまでに時間が必要なので、カロリー燃焼率は約10%も上がると言われています。

基礎代謝向上には白身魚や鶏のササミなどを摂取するのも効果的です。

なぜなら、脂肪分の少ない動物性たんぱく質の消化には、多くのエネルギーを必要だからです。

また、基礎代謝向上には筋肉量を増やす事も効果的ですが、その為には筋肉の元になるたんぱく質を摂取する必要があります。

食事前に短い運動をする事も、基礎代謝を高める効果があります。

運動をおこなうと筋肉が熱を発生させ身体からのエネルギー放射が続く為、食事をおこなう際の食事誘導性体熱産生をより高めます。

食事前に20回程度の腕立て伏せをしたり、階段を5階まで登り降りしたりすると効果的です。