血糖値コントロールがダイエットの鍵

血糖値コントロールがダイエットの鍵

科学的に効果が証明されているダイエット法のなかに、血糖値をコントロールする方法があります。

なぜなら、食欲をおさえるには血糖値が鍵となるからです。

血糖値の増減は、空腹感の増減と反比例します。

血糖値が下がれば空腹感が増し、血糖値が上がれば空腹感はおさまります。

つまり、食欲を制限する為には血糖値が急激に下がるのを抑制し、食事前に血糖値を上げれば良いのです。

食事の量と血糖値の関係

血糖値が急激に下がるのを抑制するには、食事の量を減らします。

大量に食事をとると、血糖値を下げる働きがあるインスリンが大量に放出されます。

大量にインスリンが分泌されると、血糖値が一気に下がります。

すると、空腹感が増し身体は食べなければと錯覚しますので過食につながります。

つまり、食事の量を減らせばインスリン分泌による急激な血糖値低下がおこらなくなり、食欲を抑制できおなかが減りにくくなります。

血糖値を上げるには、瞬発的な運動をおこないます。

なぜなら、身体を激しく動かす事で体内の血糖値が一時的に上昇するからです。

その為、その場で約10秒間ダッシュするだけで食欲がコントロールでき空腹感がやわらぎます。

イスなどに座ったままで、全身に力を入れてスッと抜くだけでも効果があります。

また、運動をしてから食事をおこなうと、食事による消費エネルギーを高める効果もあります。

また、良く噛んで食べる事で、脂肪を燃やす褐色肪細胞が活性化し、脂肪消費が盛んになるので痩せやすくなります。

少なくてもl10回、できれば30回噛んでゆっくりと食べましょう。