入浴方法を工夫してダイエット効果を高めよう

入浴方法を工夫してダイエット効果を高めよう

毎日の入浴方法を工夫するとダイエット効果が高まります。

さまざまな入浴方法がありますが、HSP入浴法はぬるめのお湯でも半身浴の効果が得られ、自然治癒力向上や中性脂肪減少効果もあります。

HSP(ヒートショックプロテイン)とは、ストレスから細胞を守るたんぱく質の事です。

HSPの効果が最大にあらわれるのは、入浴法をおこなってから2日後と言われています。

その為、週2回程度HSP入浴法をおこなうと良いでしょう。

この入浴法を長く継続すると、少しずつ体質が改善されていきます。

すると、ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できます。

HSP入浴法は、入浴前に水分補給をしっかりおこなう事が大切です。

入浴中は、風呂の温度を下げないようにフタを閉めて入浴します。

40度から42度のお湯に、10分から20分程度つかりましょう。

体温計を口にくわえて体温が38度以上になり汗が出るのをめどに、湯船からあがり身体を温めましょう。

お湯からでたら、全身をタオルでまいて10分から15分程度安静にして保温をおこないます。

水分補給もしっかりとおこないましょう。

水分補給は、入浴前後で500ml程度を目安にします。

毎日の生活の中にHSP入浴法を取り入れて、体内環境を変化させてやせやすく太りにくい身体づくりを心掛けていきましょう。

また、それにともない毎日水分をたくさんとる習慣も取り入れていきましょう。

水分摂取も基礎代謝向上につながります。