プチ断食で体内デットクスダイエット

プチ断食で体内デットクスダイエット

モデルや芸能人も実践されているプチ断食ダイエットは、気軽にできるダイエット方法の1つです。

週末などを利用しておこなう3日までの断食は、自宅でも安全におこなう事ができます。

1週間や1カ月の本格的な断食は、ご自宅ではおこなわないようにしましょう。

長期間の断食は、必ず専門家の指導のもと体調を見ながら専門の施設でおこなう必要があります。

断食のメリットは、体内の臓器を休ませる事で細胞が活性化されて基礎代謝が向上します。

それが、脂肪の燃焼を促進させます。

さらに血行が良くなるので肌状態が改善され、冷え改善効果もあります。

正しいプチ断食ダイエットの方法

デメリットは、正しい断食方法でおこなわないとリバウンドをしやすくなります。

やり方によっては、脱水症状などがおこる可能性もあります。

断食中はアルコールやタバコ、カフェインなどの摂取は避けましょう。

また激しい運動はおこなわず、体調が悪い場合はおこなわないようにします。

半日断食は、前日の夕食から18時間以上空けて、朝食を抜いて昼食をとります。

断食中は水を最低500ml以上は飲みましょう。

前日の夕食や昼食は、いつもの8割程度に抑え断食に備えます。

断食当日の夕食はいつもどおりの量でかまいません。

1日断食は、週末の土日などを利用しておこない、前日の昼食や夕食はいつもの8割程度に抑えます。

断食当日は、朝から寝るまでの間水の摂取のみとします。

水は宿便の排泄などにも必要ですので、最低でも1日2リットルは飲みましょう。

次の日は、回復食と呼ばれるおかゆなどの食事を断食日数と同じ日数摂取します。

回復食をきちんととる事は、胃腸に負担をかけない為にもリバウンドを防ぐ為にも大切です。