食事の仕方や内容に気をつけてダイエット

食事の仕方や内容に気をつけてダイエット

ダイエットで最も重要なのは、食事時間です。

夕飯は19時までにとり、夕飯の量は最も軽くします。

空腹時の身体は、必要なエネルギーを自分の身体にたまっている脂肪から使います。

日本人は江戸時代までは1日2食だったといいます。

19時以降にどうしてもおなかがすいたら、体重計に乗りましょう。

また、料理をしたり料理サイトを見ると、満足感でおなかがすいているのが気にならなくなります。

どうしても我慢できなかったら、お茶や水でおなかを満たします。

みそ汁やしょうがゆなどの落ち着く物を飲むのも良いでしょう。

また、アドレナリンの効果でおなかがすかなくなるので、10分ほど軽く運動をするのも効果的です。

食事は、夜にカロリーを控えて、朝にたくさん食べるようにすると1日の代謝がよくなりやせやすくなります。

大盛りやおかわりは避けて、通常の1人前までの量にします。

ご飯の量を控えて、おかずを増やすと効果的です。

食物繊維やミネラルをたくさん摂取できる、和食は効果的です。

主食は小麦粉でできた麺類やパンなどは控えて、できるだけご飯にしましょう。

ご飯もできるだけ玄米や雑穀米を食べるようにします。

しかし、無理ばかりしているとストレスがたまり過食の原因となります。

時には外食を楽しみ、日常的に高カロリーな物を食べる場合は昼食時にとるようにします。

高カロリーな物を食べる際は、必ず同時にサラダなどから食物繊維をとりましょう。

外食した翌日の朝食は、排泄を促すものにします。

例えば、常温のフレッシュジュース500mlです。

野菜やフルーツと合わせて牛乳などをミキサーにいれて作ります。

既製品の野菜ジュースでも良いでしょう。