きのこを食事に取り入れよう

2017年5月5日

きのこを食事に取り入れよう

きのこは低カロリーですのでダイエット時の食事には最適です。

きのこ類の栄養成分は、食物繊維やビタミンB類・Dやミネラルなどです。

低カロリーでありながら、栄養素を豊富に含み便秘解消にも効果的です。

また食物繊維をたっぷり含んでいますので、おなかで膨らみ食べすぎを防いでくれますし、ゆっくりと消化されていくので、余分な脂肪分などの吸収を抑えてくれます。

さらに、血糖値の上昇を抑制して、糖質、コレステロールなどを便で排出します。

きのこで生活習慣病を予防する

きのこに含まれる食物繊維が、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

きのこはビタミンDを多く含んでいます。

ダイエット中はカルシウムが不足しがちですが、ビタミンDはカルシウムのバランスを整えるのを手伝い骨の健康を保ちます。

またキノコキトサンには、従来の甲殻類系キトサンにはないダイエット効果が期待できます。

それは、キノコキトサンが脂肪を分解し排出してくれる効果があるからです。

さらに、中性脂肪を減らすともいわれています。

キノコキトサンは、摂取油の吸収と合わせて脂肪になっている油も燃焼させる効果があります。

ビタミンB群も豊富に含まれていきのこには、糖質や脂質の代謝を促進する効果があります。

その為、ダイエットに最適な食材です。

また糖質や脂質の代謝を促進してくれるので、それらが脂肪として蓄えられるのを抑える効果も期待できます。

しかし、身体にためておく事ができないので毎日摂取する必要があります。