水をたくさん飲むとダイエット効果があがる

水をたくさん飲むとダイエット効果があがる

水を毎日飲む事で、食生活を変えずにダイエットがおこなえます。

誰でも簡単に取り組めるダイエット方法として注目されています。

なぜダイエット効果があるかというと、水をたくさん飲むと全身の器官が活性化されます。

すると使用するエネルギー量が増えて、同じ食事量でも体重が減っていくからです。

効果的な水の飲み方

毎日飲む水の量は、体重×40ccを目安としてください。

水は摂取カロリーがゼロですので太る心配はありません。

水を飲むタイミングも大切です。

食前にコップ2杯程度の水を飲むと、ダイエット効果が高まります。

ただし唾液が薄まり消化活動が低下してしまうので食事中に水を多く摂取するのは避けましょう。

また、水で食べ物を流し込む事になりますので、消化不良や早食いにもつながってしまいます。

飲む水の種類は、炭酸水や硬水、軟水、水道水などどれでも効果があります。

毎日飲む水になりますので、無理なく続ける事が可能な水を選択するのが良いでしょう。

炭酸水は満腹感が出るので食前に飲むのには最適ですが、飲みすぎると歯に影響が出る場合があります。

硬水はミネラル補給もできますが、日本人の身体になじみにくいので便秘になる方もおられます。

軟水は飲みやすいですが、含まれるミネラルは少ないです。

冷たい水で身体を冷やしてしまうと、代謝が下がり体調不良の原因にもなりかねないので、常温の水か白湯で飲むようにしましょう。

白湯は、身体を温め血液の循環を良くして内臓も温めていきます。

その為、基礎代謝もあがり脂肪燃焼が促進されます。