O脚を矯正する方法記事一覧

O脚になると、両足が外側に向かってアーチを描くように湾曲するため、体の重心がとりづらくなります。そうなると、歩いた時に体の重心が左右に振れやすくなり、そうした歩き方がさらにO脚を悪化させる原因にもなってしまうのです。

O脚の原因には、座り方とか出産による骨盤の開きなどいろいろなものがありますが、直接的な原因は全て「骨盤の開き」によって太ももの骨が外側にずれ、膝下の骨が逆に内側にずれてしまうことによって起こります。

生まれた時から先天的な異常のためにO脚という人もいますが、ほとんどの場合には生活習慣や癖など後天的な原因によって脚が湾曲してしまいます。それまでは真っすぐだった足が、ある日突然アーチ状に湾曲してしまったということはなく、毎日のクセや生活習慣によって少しずつ湾曲が進行してしまいます。

履くだけでO脚を改善できるグッズと言えば、O脚改善用のサンダルや、靴の中に入れるインソールなどの人気がありますが、自宅にいる時間を利用して足の彎曲を改善できるスリッパもおすすめです。

骨がアーチ状に湾曲しているO脚は、体の重心がずれているため、歩く時や座る時には骨盤が開きやすい姿勢になってしまったり、両足の外側に重心がかかりやすくなり、O脚がさらに悪化してしまうことが少なくありません。

O脚の矯正法や改善法にはいろいろな方法がありますが、その中でも比較的費用が高くかかる治療法の一つに、整骨院で治療を受ける方法があります。ひどいO脚で悩んでいる人にとっては、病院で診察を受けて、プロに治してもらいたいと考える人も少なくありません。

テーピングと言うのは、アスリートたちが怪我を予防したり筋肉を固定するために使うアイテムで、薬局やスポーツ用品ショップなどで販売されています。このテーピングは、特にO脚を改善するために開発されたものではありませんが、実はテーピングを上手に使うことによって、サポーターと同じ役割をすることができ、O脚改善効果が期待できます。最近では、O脚矯正用のテーピングも販売されていますが、一般的なテーピングでも問題...

O脚の原因は、骨盤の開きによって足の骨が湾曲してしまうことです。そのため、O脚の人のほとんどは、骨盤が開いているために体の重心がゆがんでいたり、立っている時にも重心が正しい位置に維持できないことが多いものです。

O脚の人は骨盤が開いているために、体の重心が少しずれていることが多いものです。まっすぐ立った時に体の重心がわずかでもずれていると、筋肉や骨格などの不自然な部分に負荷がかかり、ゆがみやずれがますます進行してしまうこともありますし、自然に歩いているだけでも気が付かないうちにO脚が進行していることもあります。

いろいろなメーカーからアイデアたっぷりの商品がラインナップされている「O脚矯正グッズ」。サンダルやスリッパ、サポーターにテーピング、靴の中に入れるインソールなどライフスタイルに合わせて便利に使えるグッズがたくさん販売されていますが、これらのグッズは上手に使ってこそ、O脚を改善できる効果が期待できます。

ダイエットや運動不足解消のためにエクササイズをする人は多いですが、エクササイズの方法によってはO脚を矯正する効果が期待できます。O脚矯正効果のあるエクササイズには、ヨガやストレッチがあり、自宅の中で簡単にできるだけでなく、テレビを見ながらまたは音楽を聞きながらでもできるエクササイズなので、ぜひ隙間時間を上手に活用して、一日に何回も実践してみてください。