PMSと妊娠

PMS(月経前症候群)と妊娠は深い関わりを持っています。

 

PMSになる原因として代謝機能の低下や、栄養バランスの悪い不規則な食生活、運動不足などが挙げられますが、 これらは不妊症の原因ともなり得るのです。

 

代謝機能の低下は排卵、受精、着床の障害となります。

 

したがって、PMSが重かったり、生理痛がひどい場合は妊娠にも問題が出てくる場合があると言えます。

 

また、PMSの症状であるイライラや、乳房の張り、吐き気などの体調不良は精神的にも負担となる場合が多く、妊娠の妨げにもなります。

 

ですのでPMSの改善は、妊娠にもつながるのです。

 

現在は不妊に悩むカップルも少なくなく、不妊治療専門の医療機関もありますので、専門の医師に診察してもらい、対策をしていくことができます。

 

結婚前からそのような検査を受ける方もいます。

 

妊娠・出産を望んでいるのであれば、ぜひそのような医療機関の受診し、正常な妊娠・出産に備えていきましょう。