PMSの食事療法

PMS(月経前症候群)には食事療法もよく勧められています。

 

栄養分の不足は、月経前症候群の症状を悪化させる場合があり、まずは食生活の見直しから始めるのも良いかと思います。

 

有効的なのは、ビタミンやミネラルをきちんと摂取することです。

 

野菜や海藻類はなるべくたくさん摂るように心がけましょう。

 

にんじんやカボチャなどの緑黄色野菜もたっぷり食べるようにします。

 

時間をかけてよく噛み、満腹感を得て、食べすぎには注意しましょう。

 

また、カフェインを含んだ物や、塩分の高い食事、加工品などは避けるべき食材です。

 

必要なカロリー、栄養素の摂取、規則正しい食生活を心がけて、PMSの不快症状を緩和させ、快適に過ごせるようにしましょう。