PMS(月経前症候群)の早めの治療は大変重要です。

 

PMSになると、生理が始まったときにひどい生理痛や腰痛、腹痛など日常生活に支障をきたす症状を引き起こす場合があります。

 

また、子宮筋腫や不妊症などの原因となる可能性もありますので、婦人科などで早めの診察を受けた方が良いでしょう。

 

同様に、PMSの症状が出てきた際も早めに診察を受けましょう。

 

生理前になると何となくイラついたり、腰が重くなるといった症状が出る方は多いのではないでしょうか。

 

個人差はありますが、女性であれば、いつもと違った体調を感じる方、それに大して悩んでいる方は少なからずいると思います。

 

ひどい方では、抑うつ状態にまで発展してしまうそうです。

 

そのような時は、放っておかずに医師の診察、治療を受け、PMS体質の改善、生理時の不快な症状を緩和し、快適な日常生活を送れるようにしていきましょう。