PMS(月経前症候群)には様々な治療法がありますが、マッサージも有効です。

 

下腹部痛や腰の重たい感じ、身体のむくみなどはマッサージによって緩和できます。

 

マッサージすることによって、血行促進の効果が得られ、これらの症状緩和に加え、肌荒れなどにも効くでしょう。

 

その際、ラベンダーなどのアロマオイルを使用すると、リラックス効果も得られ、精神的な部分にも良いと思います

 

また、マッサージとは別につぼ押しという方法もあります。

 

血流促進に効果的な血海(けっかい、膝の皿の内側上端から指幅3本分上に上がった場所)や、ホルモンバランスを整えてくれる神道(しんどう、顎を引いた状態で首の後ろの付け根にある骨から5個下の背骨)が向いています。

 

つぼ押しすることによって、「気」や「血」の巡りがよくなり、PMSの症状緩和へとつながっていきます。

 

ただし、どちらも力を入れすぎると身体に負担になりますので、自分に合ったペースで気持ちを落ち着かせながらゆっくり進めていくとよいでしょう。