PMSと嗜好品

PMS(月経前症候群)の改善には、嗜好品の取り方が大切です。

 

嗜好品とは、タバコやアルコール、カフェインが含まれている飲み物を指しています。

 

いずれも適度な量であれば精神安定の効果もあり、悪影響を及ぼすものではないのですが、取りすぎることが問題なのです。

 

まず、タバコです。

 

吸い過ぎは、肺がんや動脈硬化などを引き起こす可能性があるものでもあり、月経前症候群の症状をひどくさせる場合もあります。

 

なるべく禁煙することが望ましいでしょう。

 

次にアルコールです。

 

適度な量であれば、血行を促進させることによってリラックス効果が得られ、「百薬の長」とも言われています。

 

月経前症候群にかかっている人は酔いやすい傾向があり、リラックスできることからアルコール依存症へと発展してします危険性があります。

 

飲酒の量には十分気をつける必要があります。

 

最後にカフェインです。

 

カフェインは脳や筋肉を興奮させる作用があり、月経前症候群を悪化させてしまうので医師からはなるべく摂取しないように指導されることが多いそうです。

 

月経前症候群を改善するには、嗜好品と上手に付き合っていく必要があります。