PMSと漢方療法

漢方療法はPMS(月経前症候群)の治療で人気があります。

 

西洋医学による薬物治療であまり改善できなかった人や、自然の力で治していきたいというような人にはとても良い方法だと思います。

 

東洋医学では、PMSの原因は「肝(かん)」の機能が乱れることにあるとされており、治療には、肝の調子を整え、「気」の流れを良くすることで 改善ができると言われています。

 

そこで、自らの治癒力を高める方法で症状を緩和させていくよう漢方薬による治療が行われるのです。

 

漢方薬はPMSだけでなく、月経困難症、不妊症、更年期障害など、女性の様々な疾患に威力を発揮するそうです。

 

もし、漢方薬での治療を希望されるのであれば、漢方外来を受診してみてはいかがでしょうか。

 

漢方外来では、患者一人一人の体質や症状をみながら、漢方を中心に治療を進めていきます。

 

漢方薬は自然に無理なく治療ができると言いますので、徐々に体質改善を図り、PMSの症状を緩和させていくことができます。

 

虚弱体質の方でも可能な、特におすすめできる治療法なのではないでしょうか。

PMSに効果的な漢方薬

PMSの治療では漢方薬もよく使用されます。

 

自然の力で徐々に体調を整えてくれるので、月経前症候群や生理不順など、女性には効果的な治療法だと言えます。

 

いくつかお薦めの漢方薬をご紹介します。

 

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・・・婦人科でよく使用されるものです。大黄、芒硝、桃仁、桂皮、甘草の5種類の漢方が含まれており、生理不順などの トラブルに良いとされています。月経前症候群にも効果を出し、めまいや精神的な部分にも効くとされています。

 

・五苓散(ごれいさん)・・・むくみに効きます。

 

・加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・生理不順の方によく処方されます。イライラや不眠の症状も改善してくれるので、月経前症候群で 精神的な症状が強い方にお薦めです。

 

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・生理痛や腰痛、頭痛の症状に効きます。冷え性や貧血気味の症状にも効きますので、月経前症候群のような婦人科の疾患に 使用されることが多いです。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・生理不順や更年期障害に良く、月経前症候群にも大切な体質改善も助けてくれるお薦めの漢方薬です。

 

そのほかにも、温経湯(ウンケイトウ)や半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)などが月経前症候群に効果的だと言われています。

 

医師と相談し、適切な漢方薬を選び、治療するようにしましょう。