PMSの原因

PMS(月経前症候群)の原因にはいくつか説があります。

 

一番大きいのはホルモンの影響ですが、いまだにはっきり解明されていません。

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れることによって、PMSを引き起こしているというのが有力な説です。

 

エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれており、女性にとってとても大きく影響するホルモンなのです。

 

プロゲステロンが出過ぎることは、代謝機能を低下させ、体内に余分な水分をためてしまうのです。

 

また、脳内物質の影響も大きく関わっているとされています。

 

β-エンドルフィンやセロトニンは生理前に低下し、それによって精神的に不安定になってしまい、PMSを引き起こしてしまうといいます。

 

そのほかには、普段の生活も関わっていて、カフェインや糖分の過剰摂取や、ビタミン、ミネラル不足も原因のひとつとされています。

 

いくつか要因があるので、それを避けて、PMSを緩和させる対策をとることが重要となっています。