PMS(月経前症候群)の身体的症状としては

 

・下腹部痛
・腰痛
・乳房の張り、痛み
・めまい
・頭痛
・のどの乾き

 

などが挙げられます。

 

症状には個人差が大きく、人によってバラバラです。

 

主に、代謝機能の低下が原因とされているのですが、このことによって身体のあちこちに不調が現れるのです。

 

新陳代謝が悪くなり、排泄機能が低下し、にきびや手足の冷え、むくみ、便秘などという症状も出てきます。

 

アレルギーが悪化する方もいて、日常生活に支障をきたしてしまう場合もあるのです。
そのためにも早めの対策が必要となるのです。

 

食事の改善、軽い運動、規則正しい生活などで、不快な症状を解消し、悩みの少ない生活を送れるようにしていきましょう。