PMSが疑われたら

PMS(月経前症候群)の症状は個人差が大きく、現れる症状もいろいろです。

 

PMSは、生理がある女性にのみ起こり、排卵日から生理が始まるまでのおよそ2週間の間、体調不良や不快感、情緒不安定などの症状が現れます。

 

そして、生理が終わるとその症状はなくなります。

 

似た症状のものに更年期障害があります。

 

いずれもホルモンの異常によって引き起こされる疾患ですが、月経前症候群はエストロゲンの過剰分泌、更年期障害はホルモン自体の減少が原因です。

 

原因が違うため、その治療方法も異なります。

 

生理のない方、排卵のない方には月経前症候群の症状は現れません。

 

また、月経前症候群の症状が重いと、生理痛も重くなる傾向にあります。

 

生理痛が重く日常生活に支障が出る場合は月経困難症と診断され、早めに治療しなければ不妊症になるケースもあり注意が必要です。

 

それから、月経前症候群だと思っていても、下垂体機能障害や卵巣機能不全、脳の機能異常といった別の可能性も有りうるので、症状が現れた場合は放置せず、早めに婦人科や専門外来などを受診し、検査、治療を受けておくと安心でしょう。