PMSと運動

PMS(月経前症候群)で、腰痛や下半身の違和感、肩こりなどの症状がある場合や、むくみが出やすい方には運動が効果的であるとされています。

 

腰痛や肩こりの原因は、その部分の筋力不足であると考えられているからです。

 

筋力アップが症状改善には良いのです。

 

どのような運動が効果的なのかと言うと、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や、太極拳やヨガなどのゆっくりした運動です。

 

できるだけ毎日続けるためにも、ハードなものよりも、無理なく続けていけるものを行いましょう。

 

運動の前後にはストレッチやマッサージなども取り入れて行ってください。

 

運動することにより、新陳代謝が高まり、血行が良くなり、むくみの症状も改善されると思います。

 

イライラする方にも、気分転換やストレス解消のための運動は最適です。

 

運動すると、血糖値が安定し、脳からエンドルフィンが分泌されることによってPMSの症状が抑えられると言われています。

 

また、エストロゲンが過剰分泌されて感情的になってしまう方にも症状の緩和が図れるとされています。

 

身体的にも精神的にも、運動は良いのです。