PMSについて

PMSについて記事一覧

PMS(月経前症候群)の症状は個人差が大きく、現れる症状もいろいろです。PMSは、生理がある女性にのみ起こり、排卵日から生理が始まるまでのおよそ2週間の間、体調不良や不快感、情緒不安定などの症状が現れます。そして、生理が終わるとその症状はなくなります。似た症状のものに更年期障害があります。いずれもホルモンの異常によって引き起こされる疾患ですが、月経前症候群はエストロゲンの過剰分泌、更年期障害はホル...

PMS(月経前症候群)の症状はは個人差が大きいですが、それに悩んでいる人は多くいるかと思います。周囲の理解も得にくく、治療にも時間がかかり、身体にも精神的にも負担がかかってしまうからです。医療機関を受診し、適切な治療、薬剤投与、アドバイスなどを受け改善に努めていきましょう。PMSにかかりやすいのは、生活習慣が乱れている、睡眠不足や運動不足、カフェインなどの刺激物や飲酒を好む方、神経質、几帳面な方、...

PMS(月経前症候群)と妊娠は深い関わりを持っています。PMSになる原因として代謝機能の低下や、栄養バランスの悪い不規則な食生活、運動不足などが挙げられますが、 これらは不妊症の原因ともなり得るのです。代謝機能の低下は排卵、受精、着床の障害となります。したがって、PMSが重かったり、生理痛がひどい場合は妊娠にも問題が出てくる場合があると言えます。また、PMSの症状であるイライラや、乳房の張り、吐き...

基礎体温というものを女性なら耳にしたことがあるかと思います。基礎体温は、目が覚めたすぐの状態で測ります。排卵日の前後になると、基礎体温は通常の基礎体温よりも一段階低くなり、排卵日を過ぎると体温が上昇し、黄体期と呼ばれる体温が高くなる時期に入ります。そのころからPMS(月経前症候群)の症状が出始めます。基礎体温は微妙な体温の変化によって、排卵や生理の時期、そしてPMSの症状が出始めることを知らせてく...

PMS(月経前症候群)の早めの治療は大変重要です。PMSになると、生理が始まったときにひどい生理痛や腰痛、腹痛など日常生活に支障をきたす症状を引き起こす場合があります。また、子宮筋腫や不妊症などの原因となる可能性もありますので、婦人科などで早めの診察を受けた方が良いでしょう。同様に、PMSの症状が出てきた際も早めに診察を受けましょう。生理前になると何となくイラついたり、腰が重くなるといった症状が出...

現代社会はストレスが大変多い社会です。生活の乱れなどから体調不良、生理不順となることも多くあり、生理と深い関わりのあるPMS(月経前症候群)へも大きく影響します。PMSはストレスによって、その症状がひどくなる場合もあり、ストレスをいかに減らすかが重要となってきます。ストレスを感じる場は様々ですが、職場での仕事に対するプレッシャーや家庭での育児ストレスなどがあります。ストレスをためることによって、人...

PMS(月経前症候群)は自分でチェックすることができます。まず、身体的な症状からみてみましょう。腰や腹部が重く感じる、乳房に痛みや張りがある、首や肩が凝る、常に眠い、むくみがある、肌が荒れる、吐き気がある、耳鳴りやめまいがある、過食になるなどがあります。次に精神的な症状をみてみましょう。わけもなくイライラしたり、泣きたくなったり、憂鬱な気分になる、やる気が出ない、さみしい、集中力がなくなる、食べ物...

PMS(月経前症候群)は大変個人差が大きい疾患です。症状が現れるのも、およそ排卵日より生理が始まるまでのおよそ2週間の間でバラバラです。生理の1週間前から症状が出て生理開始3日前くらいに症状が治まる方もいれば、生理前の2~3日だけ症状が出る方もいます。それは、加齢のためにホルモン分泌が低下することや妊娠、出産を経て体内の栄養素が不足しがちになるためだとされています。原因となるホルモンはプロゲステロ...

生理前はセロトニンの分泌が減少する時期です。そのため、セロトニンの体内での濃度が下がると精神状態が不安定になると言われています。生理前にイライラしたり、仕事に打ち込めないなど、いつもと違った精神状態になることがあるのはそのためです。PMS(月経前症候群)の主な精神的な症状は・イライラする・鬱っぽくなる・やる気が出ない・やたらと甘いものを食べたくなる・疲れやすく集中できないなどがあります。この中でも...

PMS(月経前症候群)の原因にはいくつか説があります。一番大きいのはホルモンの影響ですが、いまだにはっきり解明されていません。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れることによって、PMSを引き起こしているというのが有力な説です。エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれており、女性にとってとても大きく影響するホルモンなのです。プロゲステロンが出過ぎることは、代謝機能を低...

PMS(月経前症候群)の身体的症状としては・下腹部痛・腰痛・乳房の張り、痛み・めまい・頭痛・のどの乾きなどが挙げられます。症状には個人差が大きく、人によってバラバラです。主に、代謝機能の低下が原因とされているのですが、このことによって身体のあちこちに不調が現れるのです。新陳代謝が悪くなり、排泄機能が低下し、にきびや手足の冷え、むくみ、便秘などという症状も出てきます。アレルギーが悪化する方もいて、日...